足場の架設から解体まで

Fotolia_83742722_Subscription_Monthly_XXL-960x689

「足場先行工法」は、住宅建設工事における墜落事故を防止するため、建方工事に先行して足場を設置します。

更地に足場を組立、完成してから躯体工事が始まります。

途中、進捗状況に合わせシートを設置し、屋根足場・内部足場を組み、住宅が完成した後に、足場を解体します。

現場での挨拶を徹底しています。

現場での安全確保はコミュニケーションが大切です。

様々な業者さんが同じ現場でそれぞれの作業をするのですから、意思の疎通をするためにも、現場での挨拶を大切にすることで、コミュニケーションのきっかけを作り、全員で安全に対する声掛けが出来るような雰囲気を作り出すことに繋げています。

Fotolia_31297810_M-960x639
Fotolia_75786265_Subscription_Monthly_M-960x638

施工実績

建設現場において鋼管足場など、様々なタイプの足場が利用される中、株式会社ファイブヴァチュースが取り扱うのは「くさび式足場」です。

その構造と各種部材の組み合わせが生み出す機能性と信頼性は高い評価を得ており、戸建て住宅をはじめとした低層物件からマンションなどの中高層物件まで、幅広い分野で着実にシェアを伸ばしています。